室内環境:手すり
私達は加齢や病気・怪我等の要因で、ちょっとした日常の動作が簡単に出来なくなってきます。 その際、室内環境を快適にする為にその一つ一つにの動作をサポートする手段の一つとして“手すり”があげられます。

しかし、後先考えずに取り付けた手すりは、役に立たず、かえって障害となる恐れもあります。1日の中で、座る・立ち上がる、ドアの開け閉め、衣服の脱着、靴の脱着、顔や体を洗 う、などといった動きをチェックして、適材適所の手すりの取り付けに気を付けましょう。
 取り付けのその前に・・
取り付け箇所    →  家の中を見渡すと、そこだけ手垢で黒ずんでいる壁があります。
             そこは無意識に掴んだり、体を支えたりしている所。取り付け
             箇所として見落とせません。
 
取り付ける高さ   →  取り付ける高さは、背丈や体の容態によって個々に違います。
  ★ 実際に普段行う動作をし、手すりがあったらいいな、と感じる箇所を
    チェック。合わせて、握って具合のいい高さを、記録しておきましょう。
”手すりには、人間の体重が大きくかかります。手すりを取り付け場所に下地がないと、直ぐに緩くなり、外れてしまいます。しっかりと固定しなくてはいけません。”
● 下地
手摺をつけたい箇所の内部に、下図のような横又は縦の桟や柱があれば、そこに手すりをビス ネジで取り付けます。
ちょうど良い箇所に下地が無い場合、取り付け箇所の壁紙と、壁紙が貼ってある板をはがし、 替わりにコンパネという補強板を必要面積取り付けます。他の方法として、壁紙の上から補強 板を横桟のように取り付け、その板に取り付けることもできます。
 
 手すりがあると便利な箇所とは?

● 廊下  
  ★ 手を滑らせて補助する、横型の手すりを付けましょう。
 
廊下の幅      →  手すりは、約8〜10cm飛び出してきます。
             通路として必要寸法は約80cmが標準です。
             車椅子や、杖を使用した歩行に必要な寸法は、
             90cm前後または、それ以上が望ましい。
  ★ 全体の廊下幅は90cm前後あったようがよいでしょう。
    手すりの端は、衣類の袖などが引っかからないよう必ず曲げ止めしましょう。
● 玄関
  ★ 上がり框の壁ぎわには、つかまりやすい縦型の手すりが便利。 さらに、
    上がり框の横に、高さ75cm程度の玄関収納があれば、靴の脱着に安 定感がでます。
玄関とホールとの上がり框の段差は、できるだけ低くし
(10cm程度) ベンチの設置が出来れば、より安全になります。
● トイレ
  ★ 便座から立ち上がるときには縦棒、座位 を安定させるには横棒を使用します。 
L型の手すり→
出入り口のドアは、緊急時の援助を考え、引き戸か外開きが望ましい。
● 洗面 所
  ★ 浴室の出入りの際、入り口横の壁につかまりやすい縦型の手すりが便利。
    衣服の脱着の時の支えにもなります。
 
立った状態での衣服の脱着が不安になってきた場合は、洗面 所内に据え付けのベンチがあると安心です。
→ この場合L型の手すりをお薦めします。 
● 浴室
浴室は、立ったり座ったりのの連続で、足腰に不安のない人でも体勢を崩して 転んでしまうことがあります。
→ 家の中で、最も手すりを付けた方が良い場所
 
  ★ 洗い場までの歩行を助ける横型手すり。
    洗い場での立ち座り・浴槽への出入りに便利な縦型手すり。
    浴槽内での体の支え及び、立ち上がりのサポートに浴槽に平行して
    取り付ける 横型手すり。
    浴槽から立ち上がった際、支えになる浴槽横の縦型手すり。
    浴室からの出入りの支えになる入り口横壁に付ける縦型手すり。 
 
    その他・・洗い場と浴槽の立ち上がりは40cm前後が、
    体が安定します。浴槽の片端に腰掛けられるスペースが
    あると、より動作が安定します。
● その他
1.手すりを付ける際、廻りの壁の色と同色にならないように気を付けましょう。
   いざという時、つかみそこねてしまいます。 壁の色と識別できる色を選びましょう。
 
2.洗面所・トイレ・居室の入り口扉は引き戸が望ましい。体から離れていくドアは、
  体勢を不安定 にします。
 
3.引き戸の取手は、大型の引き手や、バー型のものが望ましい。
 
4.車椅子を必要になった場合、玄関の框は高さ10cm以内に、廊下幅は90cm
  前後を確保。 また、洗面所・トイレ・浴室・居室は段差無しが良い。
 
5.階段は左右どちらか一方に手すりがあれば、上り下りが安定します。
 
6.手すりは、連続した人の動きをサポートするもの。途切れのない手すりこそ、手すり
  としての 役割を十分発揮できます。
 
7.手すりを付ける箇所の床は、すべりにくい素材、あるいは、すべりにくいゴム底の
  部屋履きで、転倒防止を。