カビ対策

カビはこんな所に発生します。

湿気・埃・暗い・風通しが悪い

そんな所にカビは発生します。

カビはアレルギーのもと、 見つけたら早めの対策を。
 
● 下駄箱
靴についた泥などの汚れ、ぬれたままの靴や傘、また汗などがカビの原因となります。下駄 箱は、閉めっぱなし状態になっているとカビの早期繁殖に繋がります。
 
下駄箱のカビ    →  下駄 箱内を拭き取り掃除のあとすぐに扉を閉めず よく乾燥
             させます。扉を開けたままにしておいて、乾いたら防カビ剤
             をスプレーして、完全に乾くまで放置します。   
 
  ★ 時々靴箱は風を通 して乾燥に努めましょう。
 
靴のカビ      →  ブラシは使わず、布やティッシュで拭きとり、陰干し乾燥
             させます。
 
  ★ 靴はすぐにしまわず、翌日半日ぐらい陰干ししましょう。
 
その際、新聞紙などの上において陰干ししておくと、湿気がとれます。
最後に、下駄箱に収納する前に靴についた土などの汚れをよく落とて収納しましょう。
 
● 壁・天井クロスのカビ
1.布やティッシュで拭きとる。
2.取れにくい場合は、しっかり絞った布で拭き取ります。
3,それでもだめなら、お湯で10倍にうすめた漂白剤をスプレーし、しばらく放置後、拭き取ります。
4.今後が心配な場合、仕上げにスプレー式のカビ防止剤を噴きつけておくとよいでしょう。  
 
  ★ タンスの後ろは湿気を持ちやすいのでカビ発生の原因に。
     風通しのため、家具は壁から少し離して置くことをお薦めします。
 
● 押入れ
気がつかないうちにホコリがたまり、カビやダニの温床にもなりやすい
 
押入のカビ     →  拭き取り掃除のあとすぐに襖を閉めずよく乾燥させます。
             襖を開けたままにしておいて、乾いたら防カビ剤をスプレー
             して、完全に乾くまで放置します。
 
  ★ 普段から、襖を開けておく習慣を身につけましょう。
    閉めっぱなし。収納しすぎはカビのもと。隙間を空けて収納しましょう。
 
布団は寝ている間にかいた汗を吸収しているため、すぐにしまうと湿気を押入の中に持ち込むことになります。
 
  ★ 布団は少し時間を置くか、できれば干してからしまうようにしましょう。
 
● エアコン
使用中にエアコン内部(フィルター内)でカビが増殖しているためで、エアコンから吹き出す風 に乗り、カビの胞子が室内にまき散らされていることになります。
 

フィルター     →  シーズン使用前は、フィルターやエアコン内部を洗浄し、
             その後も、月に1回以上は掃除をしましょう。
             内部の洗浄ができない場合は窓を開けて送風で運転し、
             内部のカビを放出するようにしましょう。

 
エアコン内部の除湿 →  ほとんどの方が、暑い時間帯には冷房を使用し、夜間は
             停止すると思いますが、停止の前に「送風運転」に切り
             替えて、約二時間運転しエアコン内部に室内の空気を
             循環させます。
 
  ★ エアコンのシーズン使い始めや使い終わりもこの「送風運転」でエアコン内部を乾燥させましょう。
 
● 浴室
浴室は防湿構造の上、高温多湿の為、最もカビの発生しやすい場所です。 タイルの目地は吸水性があり、ざらざらした場所や凹凸のある場所はカビが付着しやすい。 垢や石鹸カスなどはカビの栄養分になるのも、浴室に発生しやすい原因です。
 
浴室全体      →  入浴後換気扇を回すか、窓を開ける。
             夜間に換気扇を回し、昼間窓を開放。
             換気扇のみでは翌日まで回す。
             こまめに浴室の水分を拭き取る。
 
  ★ タオルなどで、入浴時以外は常に水滴をなくすことがカビを防ぐ最大の手段です。
 
タイル       →  目地にはロウやコーティング剤(防カビ塗料)を塗っておきます。
 
  ★ 水をはじき、汚れがつきにくくなるのでカビの予防に効果 があります。
 
浴室のカビ取りと発生対策
・カビ取り剤(カビキラーなど、「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれている製品)で
 カビを除去危険性の高い薬剤であるという認識をもち、カビ取り剤に書かれている
 注意書きをよく読んで使用することをお勧めします。強アルカリ性のものが殆どな
 ので、天然大理石には使用できません。
 
・再びカビを発生しにくくするために、薬局などで手に入る殺菌剤「消毒用アルコール」
 による殺菌処理を行います。
 
・イスや桶は裏までカビが生えますので、裏表両面 忘れずに落としましょう。
 
  ★ 毎日のお掃除で、仕上げにタオルで水気をなくすことと、扉や窓をできるだけ開け放し、 乾燥に心がける ことが、防カビ対策になります。