その1






種まき時期は、3〜5月頃と9〜10月頃(暖かい地域)、寒い地域では5〜9月頃です。直径14センチくらいの鉢を用意します。種は重ならないように少しずつまきます。その上に種が見えない程度にうっすらと土を被せます。水は 乾かない程度に1日1回やりします。

ポイント
・・寒さには比較的強く、発芽適温(15℃〜20℃)を維持すればいつでも栽培できます。冬季は室内で育てることも可能です。秋以降は虫の発生が少なくなるので冬に育てる方が安心かもしれません。


その2

5日ぐらいで発芽します。本葉が2〜4枚になったら順次間引きをし、最終的に一株にします。(プランターならば、株間が15cm位 空けて複数株育ててられます。)

ポイント・・
水やりは表土が乾いたら、たっぷりと与えるようにします。



その3

生長すると50〜80cm位になりますが、苗が7〜10cmになった頃の収穫が最適です。




その4




葉が10枚以上になったら、あまり大きくならないうちに、若く柔らかい葉を収穫していきます。

ポイント・・
収穫は下葉からしましょう。

 
 

土・・・・肥沃で多湿な土壌を好みます。
肥料・・・与えなくても十分育ちます。
注意・・・大変虫がつきやすいので、心配ならば網カゴなどで覆うなど工夫が必要です。
その他・・涼しく多湿の場所で育てると苦味が少なく、強い光のもとでは若干苦味がでるので、盛夏は半日陰の場所で育てるとよいでしょう。また、土が乾燥しすぎると苦みがでて葉も固くなってしまいますので、土の乾燥に十分注意しましょう。
「ルッコラ」は、クレオパトラが美しさを保つために好んで食べたとも言われています。
種はマスタードの代用としても使うこともできます。

 
 
info@la-piazza.com
(C)2000,FORME.All rights reserved.