その1





3月〜4月・9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)、プランターや大きめの鉢に直接まきます。
土を軽くかけ発芽するまで表面が乾かないように水を与えます。

ポイント・・発芽適温:15〜25℃。
高さのある、少し大きめの鉢で栽培すると立派な株に育ちます。




その2

発芽したら葉が重ならないように弱そうな苗から間引きをしていきます。

ポイント・・
・ 多湿を好むので、土が乾かないように十分与える。特に夏場は乾燥が早いので、水を切らさないように気をつけましょう。




その3

本葉が2〜3枚のになる頃、一本に苗を絞ります。 暖かくなると急激に成長するので、その場合支柱で支えてやります。
その4 草丈は30p〜50pくらいまで成長しますが、20cmほどになった頃から刈り取りができます。

ポイント・・
回復力が弱いので一気に摘みすぎないように少しずつ積んでいきましょう。
 
 

場所・・・強い光を嫌います。強い光が直接あたらない場所や、風通 しの良い明るい室内の窓辺など、やや日陰の湿った涼しい場所といった半日陰の場所が最も適しています。
土・・・・湿り気のある肥沃な土地を好みます。
その他・・寒さには強いのですが、夏の高温多湿には弱い。
強い光の下では葉色が悪くなります。
初夏〜夏にかけて白い小さな花をたくさん咲かせ、たくさんの種子をつけますが、花を摘みとると、収穫時期を長くできます。花芽が伸びてくると葉が硬くなっていき、収穫には適さなくなります。
調理するとき加熱により風味が劣るので、最後に加えるようにしたほうが良いでしょう。

 
 
info@la-piazza.com
(C)2000,FORME.All rights reserved.